期間工と派遣社員の違いとは?

subpage-img

一般的には、契約社員と派遣社員では、後者のほうが賃金は高いというイメージがあるかもしれません。

派遣社員は、専門的な仕事についていることも多く、アルバイトや契約社員よりも時給は高めになっている傾向があります。
しかし、自動車メーカーで募集がされている期間工の仕事は、一般的な派遣社員よりも年収は高くなるでしょう。



もちろん、派遣社員でも年収500万円を超えていることはあるので、ケースバイケースです。

派遣社員と期間工との大きな違いは、派遣会社に所属をしているか、それとも勤務先の企業と直接契約を結んでいるかという違いになります。


期間工の人は、寮費無料、水道光熱費無料、食事手当て、皆勤手当て、満了金など、さまざまな福利厚生を受けることができますが、これはメーカーと直接の契約を結んでいるために受けられる恩恵です。

派遣会社でも、大手では福利厚生が充実していることもありますが、登録型派遣の場合には、福利厚生の恩恵は小さいかもしれません。
時給が同じならば、福利厚生が充実している期間工のほうが年収は高くなるでしょう。
また、正社員登用制度がある企業も多いので、がんばって働いていれば正社員になれるという、やる気にもつながります。


同じ時給1300円の仕事をしていても、大きな差がついていきます。



体力に自信がある人で、どちらかで迷っていたら、期間工のほうを選ぶことがおすすめです。
もちろん、お金だけはなく、自分のやりたい仕事かどうかということも重要なので、人それぞれです。



top